2万匹!! 今回、彼らはマスクを持って市救助所に来た


公開日時:

2020-11-03

2万匹!! 今回、彼らはマスクを持って市救助所に来た

彼らはまた来た

20000匹

! ! !

7月30日午前

弓立 (厦門) 医療用品有限会社

市救助所に防疫マスク20000匹を寄付し

鄒瑞清駅長などの駅の指導者、会社の王暁紅社長など6人

会社を代表して寄付式に出席する。

 


 

 

 

心から感謝します

寄付式の後、双方は親切で友好的な座談会を開きました。鄒瑞清駅長は弓立会社の公益善挙に対して、心から感謝し、心から敬意を表しました。そして、私の駅の基本状況を紹介しました。特に今年以来、感染予防コントロールの努力が行われています。 王暁紅社長は私が疫病対策の中で積極的に担当していることに感心し、生活のない放浪物乞いスタッフにタイムリーな強力な救助を提供することに感心した。
 

心得

弓立会社の参加代表は、今回の寄付活動に参加することによって、放浪物乞いの救助活動に対して、より直接的かつ深い理解を得て、このような公益寄付活動を展開したと感じています。弱者グループに強力な援助を提供できるだけでなく、会社自身の建設発展も促進であり、救助活動の意義を新たに認識できるだけでなく会社の多くの従業員の社会的責任感を高めるのに役立ち、救助ステーションと一緒に、引き続き放浪物乞いの仕事にできる限りの貢献をしてほしい。
 

 


 

疫病は現在、使命は肩にある。 弓立会社は積極的に担当精神を示し、社会的責任を十分に履行し、積極的に疫病対策に貢献し、発揚を学ぶ価値があり、私たちは一緒に信念を固め、力を合わせ、手を携えて共に前進するこの感染予防コントロールの抵抗戦に断固として勝利する。   


 

 

弓立について

弓立は「民族ブランドを発揚し、全人類の健康を守る製品を生産する」ことを自分の責任とし、「絶えず革新し、工夫して製造する」という管理理念を持って、異なる業界、環境、年齢、顔の形、消費者の使用習慣、使用環境を理解し、材料、外形デザイン、包装方式で絶えず改善している 先進的な生産設備を導入し、国際レベルの生産ラインを確立し、先進的な製造技術で、厳しい医療品質管理システムに頼って、快適で安全な医療製品を入念に製造する。
 

 

 

 

 

 

投稿| 市救助ステーション