「どんなに難しくても文句は言わないで、もっと早く生産したい」


公開日時:

2020-11-03

「どんなに難しくても文句は言わないで、もっと早く生産したい」
新型コロナウイルス感染肺炎の流行に対抗する戦いは、医療防護物資工場を戦闘の「一線」に押し上げた。労働者、ダブルシフト生産物資、グローバルスケジュール機械、24時間はいつまでも…… 疫病対策のニーズを前に、政府の手配と社会全体の支持の下で、企業は様々な困難に直面して馬力をかけて生産、生産、生産を選ぶ!

正午、弓立 (厦門) 医療用品有限公司の臨時食堂では、60人以上の労働者が食事に入った。 手を洗ったり、食事をしたり、座ったり、マスクを外したりして急いで食事をしてから、皿洗い池で皿洗いをしたり、手を洗ったりして、職場に行く。 全体の過程は迅速で静かである。

 

第一線を支援するために、彼らは皆高強度で働いている。 「お昼は一時間の食事と休憩時間を手配していますが、実際にはほとんど30分以内に完成して、仕事を続けています。 「弓立 (厦門) 会社の生産現場責任者の王会は記者に伝えた。 彼女は、人手が不足しているため、会社は労働者の「ダブルシフト」を手配するしかなく、平均1組の従業員は毎日11時間以上働くと言った。 彼女の大晦日の夜は職場でカップラーメンを食べて過ごした。

 

生産現場は閉鎖されている。 職場のドアの透明なガラスを挟んで、記者は現場に入った労働者を見て、余計な交流がなく、材料を入れたり、機械を操作したりして縫製したりして、包装した。 たまに複数の機械が世話をしなければならないので、労働者は小走りで見る。


弓立 (厦門) 会社の社長は記者に、2月3日までに会社の生産能力は毎日マスクを20万匹生産するまで回復したと伝えた。そのうち、2万はN95タイプのマスクにすぎない。 会社は一週間以内に生産能力を七十万匹にする予定です。 「現在、多くの労働者は会社が3倍の給料で臨時採用訓練を受けているが、熟練した後も生産能力は上昇し続ける。 」と彼は言った。

 

現在までに、アモイにはマスクや防護服などの疫病対策物資企業が10社以上続々と生産を再開しています。 高強度の仕事に直面して、多くの電話をかけて物資を調整しなければならないことに直面して、まだ増加している生産任務に直面して、誰も文句を言っていない、ただもっと生産したいだけだ。